Home > ゲームにおける悪堕ち > ゲームにおける悪堕ち紹介・第1回のおまけ1

ゲームにおける悪堕ち紹介・第1回のおまけ1

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ゲームにおける悪堕ち紹介・第1回のおまけ1
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

第1回でリースさんを紹介したわけでしたが、
聖剣伝説3には他にも魅力的なキャラクターがいるじゃないか!
という意見もありまして、ゲームにおける悪堕ち紹介企画のおまけ1を実施します。


今回は聖剣伝説3の悪堕ち?に関する2つの項目について説明したいと思います。



以下に掲載されている画像は全てhttp://www.rpgamer.com/games/sd/sd3/sd3art.htmlから転載させていただきました。



○イメージイラスト(リース)

Risez3.jpg


まずはMizuha様からご指摘を頂いた復讐心を抱いたリースです。
と言いましても、本来このイラストにはそういった趣旨は含まれておりません。
私の勝手な妄想です。

本来はプロローグにてナバールに故国ローラントが占領され、さらわれた弟のエリオットを探すために故国を後にする悲しいシーンなのですが、このリースの心の中では復讐心が燃えている、と取れなくもないです。
(私自身は復讐の為に身を堕としたり修羅に堕ちたりするのは大好きなので当時はそういった妄想をしておりました。)

復讐心から闇に心を売り渡す→フェンリルナイトになる
と考えればリースはれっきとした悪堕ちキャラになるぞ!
(注:リースはそういったキャラクターではありません)

……とにかく、
このイラストが皆様の悪堕ちの参考になりますように(ぉ




○メイガス

アンジェラ(マジシャン) → アンジェラ(メイガス)

angela.gif  Angela2.jpg


お次はアクノス所長様からご指摘を受けましたメイガスのアンジェラです。
アンジェラもリースと同じ聖剣伝説3の主人公6人の内の1人で、リースのフェンリルナイトのような闇クラスが存在し、それが「メイガス」なのです。

と言いましてもですね、
アンジェラが闇クラスになってもリースのようにギャップがなかったため悪堕ちとしてスルーしておりました。

なるほど、確かにメイガスもフェンリルナイト同様「悪堕ち」と考えてもよさそうですね。
(メイガスの衣装もそうだけど、アンジェラの衣装もかなりきわどいんだな、これが。)



というわけで、今回はリースとアンジェラについてでした。
次回は聖剣伝説3の本当の「悪堕ち」について紹介したいと思います。

web拍手

Comments:3

  1. Mizuha 09-06-10 (水) 0:55 返信

    このリースのイラストは、
    瞳のハイライトが無いのもポイントですよね~。
    まぁ燃え盛るローラント城を背にしている(逆光になっている)からなのですが、
    ハイライトが無いだけで充分妄想の土台に出来ますよねw
    好きな公式イラストの一つですw
    アンジェラは元のイラスト&性格がはっちゃけてるから、
    あまりギャップが無いんですよね(^^;)
    でも光クラスのグランデヴィナの絵は割とお上品なので、
    そちらとのギャップで楽しむと良いかも?って感じですね~。
    ちなみにアンジェラを堕とすなら、
    魔法を使えるようになりたいと言う力の欲求、
    もしくは母親に愛されたいと言う寂しさに付け込むべきでしょうねw
    (一応ホークアイ以外の5人は堕とすポイントを考えてたりしますw
    ホークアイは…義賊だけあって堕ちなさそうなんですよね~…;)

  2. アクノス所長 09-06-13 (土) 0:41 返信

    元々露出が多いキャラの運命か…
    アンジェラ(・ω・)カワイソウ
    Mizuha様も仰っておりますが、グランデヴィナは清楚な感じで比較するには良いですねw
    もっとも全ての全体魔法が使えて、
    ダブルスペルのコストも低いグランデヴィナの凶悪さは
    お前本当に光なのかと、小一時間(略

  3. キクリヒメ 17-07-27 (木) 18:16 返信

    リースと同じようにアンジェラも自ら悪堕ちできるんですね。
    デュランやケヴィン、ホークアイ、シャルロット(でちのほう)もそうですけど。
    まさに自分悪堕ちって感じですね。6人(デュラン、ケヴィン、ホークアイ、アンジェラ、シャルロット、リース)は。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://hisenkei.squares.net/blog/20090610001732/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ゲームにおける悪堕ち紹介・第1回のおまけ1 from 緋線形螺旋

Home > ゲームにおける悪堕ち > ゲームにおける悪堕ち紹介・第1回のおまけ1

Return to page top