Home > 大学におけるサブカルチャー | 東京大学 > サブカル系サークル

サブカル系サークル

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - サブカル系サークル
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

東京大学に存在するサブカル系サークルをまとめてみました。
2011年における情報です。
なお、サークル名の先頭に【非公認】と付いているサークルは「非公認サークル」で、これは大学から学生団体の自治を任されている学友会という組織に所属していない(=大学公認の団体として認められてない)サークルのことです。

目次

東京大学の団体紹介

  1. アニメ
  2. 漫画
  3. ゲーム
    1. 非電源系ゲーム
    2. 電源系ゲーム
    3. ゲーム制作
  4. ライトノベル
  5. 音楽
  6. SF/特撮
  7. 総合

コラム

  1. 【番外】公式アカウントのフォロワー数比較
  2. 【番外2】活動中か否か不明のサークル

アニメ

東京大学アニメーション研究会

Twitter:@ssa_info
通称SSA(=The Society for the Study of Animation(s))
1977年創立の東京大学唯一の「アニメ」を冠する公認サークル。
1994年にSF部門が分離することで正式にアニメーション研究会となった。
有名な活動内容としては学園祭で声優を招待して講演を行う企画など。
1999年の時点で水樹奈々を、2007年の時点で茅原実里を招待するなど、大ヒットする直前の声優を招待しているその声優業界を鋭く見抜く洞察力は侮れない。
基本的にアニメを鑑賞するサークルであり、入部の基準は週に(アニメを)15コマ履修(2011年度)であるらしい。

漫画

東大まんがくらぶ

Twitter:@UT_Manga_Club
通称まんくら
有名な活動としては学園祭などの特定イベントでの似顔絵描き及び部誌の頒布。
サブカル系サークルの中では数少ない広い部室を持っているサークルであり、最も「げんしけん」に近い活動を行なっていると言われている。
活動内容は漫画を描くことであり、中には在学中からプロの仕事を引き受ける部員も存在する。
通常は大学の「漫画研究会」といえば漫画を愛でる人が集まるサークルであるが、愛でるのみであれば後述のTMRと棲み分けがされているので、こちらの点で毎年トラブルが絶えない。

【非公認】東大エロマンガくらぶ

通称エロまんくら
前述のまんくらの一部。
つまり、まんくらでは18禁が描けないのでこの名義でコミックマーケットに参加している。

東京大学漫画調査班TMR

Twitter:@tmr_manga
通称TMR
有名な活動としては部誌の発行など。
学生会館に集まって部員で山のように積み上げた漫画を読み漁ることを至福とするサークル。
主に漫画の講評を行うサークルである。

非電源系ゲーム

ゲームサークル大都会

通称大都会
東京大学の中では古参の非電源系ゲームサークルであり、主な活動は部室でのテーブルゲーム及びM:tGなどのカードゲームの対戦。
学園祭でも毎回来場者との対戦会を行なっている。
基本的に部室に行くと偏執的にTCGやTRPGしかやってない。

遊戯王デュエルサークル

Twitter:@UTduel
通称デュエル部
2010年4月にゲンシュン氏によって設立されたサークルの一つ。
有名な活動としては学園祭における来場者との遊戯王の対戦会など。
通常は学生会館で定期的な部員との交流試合を行なっている。

電源系ゲーム

東京大学ゲーム研究会

Twitter:@tga_official
通称TGA
1996年にdqmaniac氏によって設立された、当初は「ドラゴンクエスト研究会」という団体であった。
有名な活動内容としては学園祭における対戦型RTAの大会やポケモンの対戦会など。
サブカル系サークルの中では数少ない部室持ちのサークル。
かつては実演RTAで無類の強さを誇っていた団体であるが、近年ではポケモンの爆発的なヒットにより、ポケモンプレイヤーが多数所属するようになった。
また、コミックマーケットの常連サークルであり、その売上は学内でトップレベルの実績を誇る時代錯誤社を抜くとさえ噂されている。

ぷよぷよサークルHOPE

Twitter:@pychope
通称HOPE
2010年4月に早稲田大学の戦術技術開発研究所が母体となって東大内に設立したぷよぷよをやり込むサークル。
東京大学電源系ゲームサークル2番手の団体。
有名な活動としては定期的な対戦交流会(主にPC版を用いたネット対戦)など。
京都大学と定期的に対戦会を開いている。
また学園祭で株式会社SEGA協賛の元、ぷよぷよ大会を開催している。
基本的にゲームというよりはパズル好きが集まっており、同様のサークルとの兼部が多い。
また、インカレサークルである。

東大幻想郷

Twitter:@UTgensokyo
通称GUT
2011年1月に平凡氏によって設立された東方Projectを扱うサークル。
東京大学電源系ゲームサークル4番手の団体。
原作が電源系ゲームであるのでここに分類した。
有名な活動としては学園祭での東方アレンジ曲の演奏など。
活動範囲として、原作、二次創作、アレンジ、イラストその他なんでも構わないなど、幅広く包含している。
いわば「東方バブル」に乗っかった形で設立された勢いのあるサークルなので今後の展開が期待される。

ゲーム制作

同人サークル ノンリニア

Twitter:@n_linear
通称NL
2007年秋にW/H氏とビーム氏によって設立された電子創作サークル。
有名な活動としては部員で共同制作したPCゲームの頒布及び学園祭での試遊会など。
活動内容として電子創作を掲げており、ゲーム以外にもネットラジオなどの企画も行なっていた。
これまでの大学のゲーム制作サークルの常識を覆す、絵師と音屋と更に声優まで保有する規格外のサークル。

東大マイコンクラブ

Twitter:@utmc
通称UTMC
有名な活動としては学園祭でのゲーム試遊会など。
かつては後述のTSGと明確な活動基準の違いがあったが現在では薄れてきている。
主に部員個人がプログラミングを基本単位としてゲームに限らない活動を行なっている。

東京大学理論科学グループ

Twitter:@tsg_ut
通称TSG
有名な活動としては学園祭でのゲーム試遊会など。
実際に実験を行う物理科学に対して、シミュレーションで実験を行う理論科学から。
故にプログラミングを扱うサークルと等しくなった。
前述のUTMCとの違いは「女性が所属しているか否か」という明確な違いがあったが現在ではそうでもなく、かつては山登りサークルと呼ばれていた。
また、「平安京エイリアン」の開発者や「極限攻略データベース」の管理人が所属していたなど、歴代部員の基本スペックは高い。

ライトノベル

東京大学新月お茶の会

Twitter:@newmoon_tp
通称お茶会
ライトノベルだけでなく小説や文章一般を幅広く扱う

音楽

TOKYO COM

通称COM
有名な活動としては学園祭及び同人誌即売会での自作CDの頒布。
扱っている音楽の内容がサブカル系というわけでは必ずしもないが、DTMを扱うこと、VOCALOIDも範囲内であるためここに分類した。
東大内唯一のDTMサークル(音楽系サークルは大量に存在する)

SF/特撮

東京大学SF研究会

通称SF研
SFを評論する団体

東京大学特撮映像研究会

Twitter:@todaindensetsu
通称特研
イベント運営、自作映画の作成、作品鑑賞会、同人誌の販売を行う


サブカルチャー総合

コミックアカデミー実行委員会

Twitter:@comiaca
通称コミアカ
2010年にはむ氏とげそ氏によって設立された団体。
有名な活動としては学園祭での同人誌即売会の運営など。
他大学の運営委員会と違い、同人作家がスタッフとして多数所属しており、そのポテンシャルは高い。
同人を通じた大学生同士の交流を理念に掲げており、学園祭以外にも定期的に交流会を開いている。

東京大学ニコニコ動画研究会

Twitter:@todainiconico
通称ニコ研
2010年4月にゲンシュン氏によって設立された団体の1つ。
有名な活動としては定期的なニコニコ生放送など。
おそらくここに記載されている団体の中では最も品のない団体だがそれがいい。
活動内容として学園祭での演奏会や部誌・CDの頒布などもあるが、基本的に活動の形態は定まっていない。

【非公認】まるきゅうProject

Twitter:@ut_maru9
通称まるきゅう
2010年にうえしゅん氏によって設立されたコスプレダンスサークル。
有名な活動としては学園祭でのコスプレダンス及びコスプレ喫茶店の出店。
また、東大に初めてZUN氏(東方Projectの原作者)を講演者として招くなど、功績は多い。
詳しい記事をこちらにまとめているので興味がある人は参考にして欲しい。

【番外】公式アカウントのフォロワー数比較

こちら

【番外2】活動中か否か不明のサークル

すべて非公認サークル

STG振興会

2010年4月にψ氏によって設立された、シューティングゲームを主な活動内容とする団体。
東京大学電源系ゲームサークル3番手の団体。
シューティングゲームで一括りされるが、主にSTG(スクロールシューティング)とFPS(ガンシューティング)の両方を扱っていた。
噂によると、某団体からの圧力で設立初期に解散したという。
駒場キャンパスの至る所にシューティングゲームの名言を散りばめたビラを掲載していたことで有名な団体である。

モンハン部東大支部

2011年1月に瑠璃氏によって設立された、モンハンを主な活動内容とする団体。
東京大学電源系ゲームサークル5番手の団体。
上記リンクから辿れるように、同7月に活動を無期限停止としている。
主な活動場所はコミプラや学生会館で、集会所を行うごとにレポートが掲載されていた。
なお余談であるが、モンハン部はCAPCOM公式の団体であり、モンハンを活動内容とする団体を対象に支部の募集を行なっている。

ねこみみサークルMiao

kito氏によって企画された、主にねこみみを付けてにゃんにゃんする団体。
だいたいこいつのせい
当初は時代錯誤社の釣りであるという噂が流れたが真意は不明である。
2012年2月22日がにゃんにゃんの日であることにちなんで駒場の生協食堂で女子高生にねこみみを付けることを強要するなどいろいろやったようである。

東京大学音楽ゲーム愛好会

2012年4月にじゅげむ氏によって設立された、音楽ゲーム(音ゲー)を主な活動内容とする団体。
東京大学電源系ゲームサークル6番手の団体。
Twitterでの拡散力を利用し多くの部員を確保したが、未だ活動実績がないため、これからの活動が期待されている。

東京大学悪堕ち研究会

2012年4月に突如設立が宣言された、早稲田大学触手孕ませ研究会、慶應大学処女膜研究会に次ぐ三番目の団体。
現在はTwitterで情報を発信している。
未だに活動内容は未知であるが、悪堕ちフリークとしては応援していきたい。

SOS団東大支部

2012年5月13日に設立が宣言された団体。
SOS団と言えば他大学ではサブカル系総合団体として幅広い活動を行なっている団体であるが、こちらは原作のSOS団と同じく様々な不思議を追い求める団体である。
現在はTwitterをメインに活動している。

東京大学ポケモン研究会

2012年5月16日に設立が宣言された、東京大学電源系ゲームサークル7番手の団体。
「自分のアカウントをフォローした人全員会員とする」という破格の団体であったが、設立1日にして更新が途絶え、2012年8月現在ではアカウントを消して逃亡中である。

B4U -BEMANI 4 UT-

2013年3月30日にみん氏によって設立された、音楽ゲーム(音ゲー)を主な活動内容とする団体。
東京大学電源系ゲームサークル8番手の団体、じゅげむ氏設立の音ゲー愛好会を引き継ぐ形である。
Twitterを利用するも、未だ活動実績がないため、これからの活動が期待されている。

東大ドミニオンサークル(仮)

2013年4月2日に設立された……なんだこれは!?

東京大学オカルト研究会(仮)

2013年4月27日にとろろ氏によって設立された、オカルト、超常現象、オーパーツ、UFO、UMAなどの研究を主な活動内容とする団体。
6月10日に第1回集会が開かれた。
ちなみに、SOS団東大支部とは別団体である。

Home > 大学におけるサブカルチャー | 東京大学 > サブカル系サークル

Return to page top